ニッカ、ウイスキー2割増産 30年にも原酒不足解消

2019/10/6 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アサヒグループホールディングス(HD)傘下のニッカウヰスキーは2021年までに北海道の蒸留所でウイスキーの生産設備を増強する。20数年ぶりに昼夜間の交代勤務を復活し、原酒の生産量を2割増やす。国内での底堅い需要を背景に品薄感が強まっているが、30年にも原酒不足を解消できる見通しだ。

【関連記事】
米国で人気のジャパニーズウイスキー、バブルの行方は?

21年までに65億円を投じ増産体制を整える。余市蒸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]