官民ファンド、遠い累損解消 4機構 1年で6割増
エコノフォーカス

金融最前線
2019/10/6 22:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スタートアップ企業などに投資して産業を振興する官民ファンドで、コンテンツ分野や農林水産分野など4機構の累積損失が膨らんでいる。累損は2018年度末までの1年間だけで6割増えて合計367億円になった。各ファンドは投資の拡大による黒字への転換をめざすが、無理に投資を増やせば損失がさらに膨らむ恐れも否定できず、累損解消の道は遠い。(小太刀久雄)

■実情知らず担当

農業スタートアップの坂ノ途中(京都市)は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]