スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

「攻めのバトン」で2大会連続の銅 男子400リレー

2019/10/6 11:38
保存
共有
印刷
その他

陸上の世界選手権男子400メートルリレー決勝で、第3走者の桐生(左)からバトンを受け走りだすアンカーのサニブラウン(右)=共同

陸上の世界選手権男子400メートルリレー決勝で、第3走者の桐生(左)からバトンを受け走りだすアンカーのサニブラウン(右)=共同

陸上の世界選手権の男子400メートルリレーで多田修平(住友電工)、白石黄良々(セレスポ)、桐生祥秀(日本生命)、サニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)の日本は37秒43で3位に入り、2大会連続の銅メダルに輝いた。

【関連記事】男子400リレー、日本はアジア新で「銅」 世界陸上

予選を全体3位で通過した日本はメダル獲得に向けて勝負手を打った。走りにキレを欠いた小池祐貴(住友電工)に代えて1走に多田を抜てき。自己ベストに9秒台を持つ選手を外す判断は勇気も伴うが、根拠に基づいた起用だった。

「小池くんは、本来の走りができていないのが数値的にもはっきり出ていた」と土江寛裕・五輪強化コーチ。この布陣にすることも想定しながら、両者の状態を見極めた。当日のミーティングで知らされた多田は「僕がキーマン」と覚悟。米国のコールマンや英国のジェミリら強豪との勝負で流れを作った。

日本が築き上げたアンダーハンドパスは急なメンバー変更でも揺るがず、華麗さを失わない。さらに、安全に渡ることを重視した予選から意識を変え、受ける側が思い切りよく飛び出す攻めのバトンワークを全区間で貫いた。

それは失敗のリスクを背負うことでもあり、互いの信頼関係がなければ成り立たない。だが、誰が走っても高いパフォーマンスを維持できる層の厚さとチームワークが日本の強み。3走のスペシャリストといえる桐生は白石に「本気で出るから追いついてきて」と頼み、予選で軽く出ていた4走のサニブラウンには「思い切り出ても絶対渡すから」と伝えていた。

「桐生さんを信じて出た」というサニブラウンは、2位争いで英国に差されたが、2016年リオデジャネイロ五輪決勝でマークした37秒60を0秒17も更新するアジア新記録。東京五輪で目標にしていた37秒40にも迫る快走だった。

一方で優勝した米国との差を見せつけられたのも事実。日本が金メダルを狙うには、近年注力している個々の走力の向上を加速させなければいけない。それは選手たちも承知の上。サニブラウンは「もう1、2段階上げないと金は見えてこない」と語る。

今後もサニブラウンの2走など選択肢を増やしながら強化を進める方針。メンバー間の競争もさらなる進化のエネルギーになるだろう。「どの4人でもベストの組み合わせで、ベストのタイムを狙っていく準備はできつつある」と土江コーチ。東京五輪の前哨戦ともいえる舞台で現在地を知れたことは、悲願達成への大きな糧となる。

(ドーハ=渡辺岳史)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
15歳から26歳まで年齢層の幅広いチームのまとめ役。「今の時間を有意義に使えている」という共同

 年間350日に及ぶ合宿生活で精緻な連係を磨いてきた新体操の団体日本代表「フェアリージャパン」にとって、活動自粛の影響は深刻だ。仲間との別離は心理的な打撃も大きいが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は …続き (5/24)

オンラインでインタビューに応じる石川。「成長を感じていた」という今季は3月から中断し、4月に打ち切りが決まった

 バレーボール男子全日本のエース、石川祐希(24、パドバ)が18歳から挑戦してきたイタリアは新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な国の一つだ。「パフォーマンスは非常に良かった」と手応えを感じていた今季は …続き (5/21)

大坂は米ロサンゼルス近郊の自宅にこもる生活が続く(2019年11月撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、テニスは7月末まで大会が中止となった。女子テニス世界ランク10位の大坂なおみ(22)も今、米ロサンゼルス近郊の自宅にこもる生活が続くが、毎日忙しく過ごすことで、リズム …続き (5/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]