緊急避妊薬、入手に壁 「処方に制限」市販化求む声も

医療・健康
2019/10/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

望まない性行為などの妊娠を避けるために服用する緊急避妊薬について、市販薬化を求める声が上がっている。国は7月、オンライン診療による処方を部分的に解禁する指針を策定したが、処方を産婦人科医らに限るなど入手のハードルは高い。海外では市販する国が多く、医師や避妊を啓発する団体は「対面診療に行きにくい女性が、安心して避妊できる環境づくりが不可欠だ」と話している。

緊急避妊薬はアフターピルとも呼ばれ、性交…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]