緩む財政規律、債務は膨張

2019/10/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自公連立の20年間は政治が安定した一方で、政府・日銀が大規模な財政出動と低金利政策を繰り返した時代でもある。自公も一時政権を担った民主党も、有権者を意識して歳出を拡大し、政府債務は膨張し続けてきた。金融危機に対応する財政出動から歯止めがかからないまま20年たった。

日銀は金融危機を受けて1999年に初のゼロ金利政策を導入したが20年たってもデフレ脱却に至らない。アベノミクスで異次元の量的緩和とマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]