横田めぐみさん55歳に 弟「猶予ない」と危機感

2019/10/5 18:45
保存
共有
印刷
その他

北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん(失踪当時13)の55歳の誕生日に当たる5日、両親が住む川崎市で「拉致被害者家族を支援するかわさき市民のつどい」が開かれ、弟の拓也さん(51)が講演した。被害者家族の高齢化に「時間との闘い。一刻の猶予も許さない」と危機感をにじませて早期解決を訴えた。

講演で拉致問題の早期解決を訴える横田拓也さん(5日午後、川崎市)=共同

拓也さんは講演で、父、滋さん(86)に触れ「昨年4月に入院し、今も病院のベッドにいる」と語った。あいさつを予定した母、早紀江さん(83)も欠席となり「母も看病のため毎日通院しており体力の限界。大事を取った」と理解を求めた。

同時に「姉が拉致されて42年が経過した。待つ者、北朝鮮にいる当事者がどれほど長い時間を過ごしているか理解してほしい」と強調。金正恩朝鮮労働党委員長に対し、日本政府が求める全拉致被害者の即時一括帰国に応じるよう改めて決断を要求した。

川崎市が主催し、市民ら約230人が参加。地元中学生による合唱もあり、拓也さんは「42年前の姉の姿を重ねながら聴いた」と記者団に話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]