勇壮な大天守を間近で 熊本城開放、被災後初

2019/10/5 17:03
保存
共有
印刷
その他

2016年4月の熊本地震で被災し、立ち入り規制が続いていた熊本城(熊本市)の大天守周辺が5日、3年半ぶりに一般開放された。今後も日時を限定して開放され、外観が修復した大天守の勇壮な姿を間近で楽しめる。市は来年3月末までに52万人の来城者を見込む。

大天守の周辺が3年半ぶりに一般開放された熊本城天守閣。左は小天守(5日、熊本市)=共同

大西一史市長は開放前に開かれた式典で「天守閣の瓦や石垣が崩落した悲しい光景は生涯忘れ得ないが、全国からの寄付で力強い応援をもらった。城を見て着実な復興への歩みを実感してほしい」と述べた。

特別公開ルートは、券売所のある「二の丸広場」から「天守閣前広場」に至る約450メートル。天守閣前では、白のしっくいと黒い壁のコントラストが見どころの大天守と、足場に覆われて工事中の小天守を見ることができる。いずれも内部は修復中で、21年春ごろに見学できる予定だ。

一般開放は主に日曜祝日の午前9時~午後5時。入場料は高校生以上500円、小中学生200円。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]