気候変動対応で企業評価 投資の指針策定

2019/10/5 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

投資家が企業を選別する際に、気候変動の影響を考慮するための仕組み作りが進んでいる。企業や投資家の代表団は8日、企業の気候変動への対応力を評価するポイントを整理した指針をまとめる。今年から投資家が参考とする事業活動や業績への影響を開示する企業も増えてきた。ESG(環境・社会・企業統治)投資の流れが強まっており、マネーを呼び込む狙いがある。

10月8日に東京で「TCFDサミット」を開き指針案を公表す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]