/

この記事は会員限定です

人生100年、「墓じまい」の進め方

[有料会員限定]

実家の墓を守ることが難しくなり、自宅近くに墓を引っ越す「墓じまい」をする人が増えている。その姿は家族形態や供養の考え方の変化を映す。人生100年時代となり、墓をどう維持するかは高齢期の家計や生活を考える上でも重要だ。

お墓は「遠方から近隣へ」 核家族化で継承者不足 手続き代行サービスも

墓の関連サービスを通販で展開するまごころ価格ドットコム(東京・中央)は、2016年度から「墓じまいパック」の販売を始めた。手続きの代行や墓石の解体・撤去などをワンセットにし、全国一律...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3709文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン