市場閉場1年の築地、訪日客に活路 料理教室や英語接客

2019/10/5 11:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

市場が閉場して6日に1年を迎える築地(東京・中央)の街並みが変わり始めた。市場が豊洲(同・江東)に移転して食材の買い出し人は減ったが、場外市場の店には外国人観光客が多く訪れてにぎわう。訪日客向けの和食の料理教室が人気を集め、英語での接客や深夜まで営業する飲食店が広がるなど"新しい築地"が顔をのぞかせている。

「マグロ、ワサビ、ご飯の順番に乗せて丸めてください」。9月、和食の料理教室「TSUKIJ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]