スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

山西が金メダル 男子20キロ競歩で初 世界陸上

Tokyo2020
2019/10/5 7:17
保存
共有
印刷
その他

男子20キロ競歩で金メダルを獲得した山西=山本博文撮影

男子20キロ競歩で金メダルを獲得した山西=山本博文撮影

【ドーハ=渡辺岳史】陸上の世界選手権第8日は4日、ドーハで男子20キロ競歩が行われ、23歳の山西利和(愛知製鋼)が1時間26分34秒(速報値)で勝ち、金メダルを獲得した。山西は東京五輪代表にも内定した。

20キロ競歩で日本選手がメダルを獲得するのは五輪、世界選手権を通じて初めて。今大会では男子50キロ競歩を制した鈴木雄介(富士通)に続く日本勢2つめの金メダルとなった。

同地の深夜11時半にスタートしたレースでは、7キロ過ぎに先頭に追いつくと、そのままペースを上げて後続を引き離した。

山西は京都府出身で京大卒。2018年アジア大会では銀メダルを獲得し、今季世界ランキング1位として今大会に臨んでいた。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
二回2死一、二塁、逆転の3点本塁打を放つ山田

 初回、先発の山口が2発を浴びていきなり3点を失った。国際大会の決勝では重すぎる、立ち上がりのビハインド。序盤に山田哲に飛び出した逆転3ランが、韓国打線に圧倒されそうな試合展開をがらりと変えた。

【関連 …続き (11/17)

優勝を決め、マウンドに駆け寄る日本代表


 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「第2回プレミア12」最終日は17日、東京ドームで行われ、日本(2次ラウンド1位)が決勝で2連覇を狙った韓国(2位)を5―3で下して初優勝した。
 日本は先発した山口 …続き (11/17)

日本―コロンビア 後半、ゴール前に攻め込むがクリアされる久保建=共同共同

 2017年12月のチーム立ち上げから36戦目で、ようやく迎えた日本国内での試合。来年の東京五輪で金メダルを目指すチームとしては、勝って大いに気勢を上げたいところだったが、結果は完敗に終わった。

【関連 …続き (11/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]