/

WeWorkが人員削減、2000人規模か 米報道

【ニューヨーク=大島有美子】シェアオフィス大手のウィーカンパニーが人員削減に乗り出すことを一部の従業員に通知したことが4日、分かった。米ブルームバーグ通信が報じた。規模は明らかにしていないが、関係者の話として世界の全従業員の16%に相当する約2000人に上るとしている。費用が先行し赤字が続くなか、収益改善を図る。

10月末をメドに実施するという。ウィーのニューヨークの本社で経営幹部らが従業員に伝えた。ウィーは創業者のアダム・ニューマン氏が9月24日付で最高経営責任者(CEO)職から退いた。新経営陣はJPモルガン・チェースなどアドバイザーを務める米金融機関と協力しながら、リストラ計画をまとめている。

ウィーはシェアオフィス「ウィーワーク」を6月末時点で世界29カ国で運営している。ウィーの従業員数は約1万2千人とみられる。人員削減により、世界での事業拡大戦略にも影響が出るとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン