日本、脱「廃プラ後進国」遠く 企業はバイオ転換急ぐ

2019/10/4 22:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プラスチックごみ(廃プラ)が国際的な問題となるなか、日本は削減対策で「後進国」との見方が浮上している。野心的な削減目標を公表しているものの「燃やすリサイクル」を重視し、プラ使用量の削減や新素材導入では欧米に出遅れているためだ。企業の一部では危機感が広がり、原料そのものを見直して新たなリサイクル体制を築こうとの動きも出始めた。

日本政府が5月末に掲げた「プラスチック資源循環戦略」。使い捨てプラの排…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]