万博開催準備、BIEが評価 事務局長が来阪

2019/10/4 20:59
保存
共有
印刷
その他

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の準備状況を確認するため来日した博覧会国際事務局(BIE)のロセルタレス事務局長が4日、大阪府庁で吉村洋文知事や松井一郎大阪市長と会談し「政府と自治体、民間の協力が日本の万博の伝統だ。しっかりと準備に携わっていると確認した」と評価した。

大阪府庁を訪問したBIEのロセルタレス事務局長(右)。左は松井大阪市長と吉村大阪府知事(4日)

BIE幹部の大阪訪問は昨年11月の万博決定後初めて。松井市長は「世界中に喜ばれ、あっと驚かれるような最高の形を作りたい」と述べた。

会談に先立ち、ロセルタレス氏らは会場となる人工島・夢洲(ゆめしま、大阪市此花区)を視察。運営主体「日本国際博覧会協会」の関係者とも会い、具体的な開催プランとなる登録申請書の記載内容について意見交換した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]