メルシャン、長野にワイナリー 日本ワインの輸出拡大へ

日経産業新聞
2019/10/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キリンホールディングス傘下のメルシャンが国内3カ所目のワイナリー(ワイン醸造所)を長野県上田市に開設した。自社のブドウ畑の真ん中に2階建ての施設を設け、初年度は5千ケース(720ミリリットル12本換算)を生産する。建屋はガラス張りで内部の見学もできる。国内で栽培し収穫したブドウを国内で醸造する「日本ワイン」が人気を集めている。メルシャンは同ワイナリーを将来、日本ワインの輸出拠点に育てたい考えだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]