東芝、AIでメーター読み取り、ビル管理のコスト削減

2019/10/4 20:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は人工知能(AI)を活用し、電気やガスのメーターを読み取る新サービスを始める。タブレット端末でメーターを撮影するとエネルギー使用量を自動認識しデータ入力する仕組み。オフィスビルや商業施設では通常、作業員がテナントごとの使用量を目視した上で、手書きで紙に転載していた。現場での人為ミスや作業時間を減らし、コスト削減できる。

ビル管理会社の作業員がビルを巡回する際に活用する。電気やガス、水道のメー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]