/

ACSL、エアロネクストとドローンを共同開発

産業用ドローン(小型無人機)開発の自律制御システム研究所(ACSL)は4日、ドローン機体設計のエアロネクスト(東京・渋谷)と共同開発すると発表した。エアロネクストが持つドローンの重心が安定する技術を採用し、新たな機体を開発する。

エアロネクストは機体のプロペラとカメラなどを搭載する部分の構造を分けることで、飛行中に揺れにくいドローンを設計する。ACSLは全地球測位システム(GPS)が使えない橋梁の下や屋内でもドローンが画像認識で自らの位置を把握して飛行できる制御技術が強みで、楽天やANAホールディングスなどの配送実験に機体を供給している。

ACSLはエアロネクストの設計を取り入れた機体を今年度中をめどに開発する。飛行が安定して荷物が揺れにくいドローンを、まず物流向けに提供することを想定している。

(山田遼太郎)

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン