/

リニア工事の湧水流出問題 県とJR東海の議論平行線

静岡県は4日、リニア中央新幹線のトンネル工事による大井川の流量減少問題を巡り、環境保全連絡会議を開いた。工事の一部でトンネル湧水が隣県へ流れ出る期間がある問題で、JR東海が複数の工法を示して理解を求めたが、県の専門家から「裏付けるデータがない」などの批判が出て、議論は平行線だった。河川流量への影響で議論がかみ合わず、意見の応酬となる場面も見られた。

JR東海はシールド工法や、下り勾配、上り勾配からの掘削を比較して説明。山梨と長野の県境付近にある畑薙山断層では山梨側から上り勾配で掘ることが安全性や工期などからも適切とした上で、大井川の流量は減少しないとの予測結果を示した。一方、専門家からは「定量的なデータがない」「工法を比較して評価できない」などの指摘が出たが、JR東海に理解を示す発言もあった。

会議終了後、難波喬司副知事は「大井川水系の水が出ていくのに、なぜ減らないと言うのか」と批判。JR東海の新美憲一執行役員は「利水者への影響はないと言いたかった。どこまでの影響を考慮すべきか混乱があった」と釈明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン