/

この記事は会員限定です

低格付け債に潜む不安 景気減速織り込み鮮明

[有料会員限定]

信用力の低い企業が発行した低格付け債(ハイイールド債)の価格が下げ止まらない。4日にかけて日米の株式市場が落ち着きを取り戻したのとは対照的な値動きだ。ハイイールド債は金融市場の危機をいち早く察知する「炭鉱のカナリア」の異名を持つ。下落が続くハイイールド債は世界の景気減速を強く織り込みにいっている可能性がある。

債券価格の下落が目立つ代表例がシェアオフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1048文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン