豚コレラ、畜産業に打撃 感染拡大へ官民で対策

サービス・食品
地域総合
2019/10/6 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年9月に岐阜県で確認された豚コレラの国内各地への拡大が止まらない。今年9月に農林水産省は感染を抑えるため豚へのワクチン接種を決めたが、岐阜県では飼育する豚の6割を殺処分するなど、地域の畜産業への打撃は深刻だ。さらなる被害を防ごうと、各地で官民を挙げた対策が進められている。

「やっと決まったかという感じ。岐阜で見つかってから1年以上たって拡大してしまった」。農水省が豚へのワクチン接種を決定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]