/

この記事は会員限定です

株、緩和トレード再び 年末高の経験則も

証券部 嶋田有

[有料会員限定]

世界景気減速への投資家の懸念が強まった割には4日の東京市場は底堅かった。背景にあるのが米連邦準備理事会(FRB)の次の一手への期待の再燃だ。景気減速の確度が高まれば「予防」ではなく「処方」として利下げに動くはず――。日本株はFRBの動向に依存しはじめている。

「円高は気がかりだが、(ここから)大きく下げる可能性は低いだろう」。10月4日に都内で開いた「投資の日」のイベントに出席した日本証券業協会の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン