「なんでもいい」とは 島本理生

エッセー
2019/10/11 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

なんでもいい、と言われるとたしかにとても困る。

私自身、年齢が若い頃は大抵の質問に

「なんでもいいです」

と答えていた。自分よりも人生経験が豊富な相手に委ねることで勉強したいという思いもあったし、自分の性別が女だということもあって、特に不自然さや不都合は感じてこなかった。

ところがここ数年、自分が仕切る機会が増えると、「なんでもいい」の大変さが身に染みるようになった。

たとえばお店一つ決めるにしても…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]