/

この記事は会員限定です

渋沢栄一の名言、書に 書家・金田石城氏

[有料会員限定]

映画のタイトルを多く手がけ、片岡鶴太郎さんらの師匠としても知られるさいたま市在住の書家、金田石城氏が、渋沢栄一の残した言葉を書いた「渋沢栄一名言展」を開く。日本の資本主義の父と呼ばれ、新1万円札の肖像画に決まった渋沢は、有名な「論語と算盤」を始め、多くの著書を残しており、その中から心に響いた50の言葉を選んだ。

金田氏が特に心に残ったのは「事を成し物に接するには必ず満身の精神をもってせよ」や「全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン