渋沢栄一の名言、書に 書家・金田石城氏

2019/10/4 18:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

映画のタイトルを多く手がけ、片岡鶴太郎さんらの師匠としても知られるさいたま市在住の書家、金田石城氏が、渋沢栄一の残した言葉を書いた「渋沢栄一名言展」を開く。日本の資本主義の父と呼ばれ、新1万円札の肖像画に決まった渋沢は、有名な「論語と算盤」を始め、多くの著書を残しており、その中から心に響いた50の言葉を選んだ。

金田氏が特に心に残ったのは「事を成し物に接するには必ず満身の精神をもってせよ」や「全…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]