/

この記事は会員限定です

経営難のスキー場を復活 S&T観光開発・斉須正男社長

[有料会員限定]

S&T観光開発(長野県山ノ内町)は2018年、経営難に陥った志賀高原の横手山・渋峠スキー場(同)の経営を引き継いだ。斉須正男社長(74)は山頂展望施設を整備して春~秋シーズンの誘客を強化したほか、群馬県草津町の草津温泉観光協会と連携した広域観光振興にも取り組む。

出身は埼玉県。山ノ内町内のホテルで働いた後、同町内の旅館「一茶のこみち 美湯の宿」の経営を始めた。横手山スキー場は18年に経営難に陥った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り379文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン