「首相の決意と覚悟」 船後氏、所信表明言及で

2019/10/4 19:00
保存
共有
印刷
その他

れいわ新選組の船後靖彦参院議員は4日、安倍晋三首相が所信表明演説で船後氏へエールを送ったことについて「障害のある人もない人も幸せになれる社会の実現に向けた、首相の決意と覚悟と受け止めた」とのコメントを発表した。

同時に、重い障害のある人を支える「重度訪問介護」の現行制度が仕事中の公的補助を認めていない問題に触れ「制度改正を首相と共に実現していきたい」と強調した。

山本太郎代表も記者会見で「首相に1億総活躍という意識があるのなら、ぜひ力を合わせてほしい」と述べ、制度改正の実現を求めた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]