/

この記事は会員限定です

村田などアップル銘柄に勢い 米中摩擦むしろ追い風

証券部 丸山大介

[有料会員限定]

村田製作所TDKなど「アップル関連銘柄」が動意付いている。米アップルが新型スマートフォンを発売する前の8月末と比べ、1~3割上昇する銘柄が目立つ。日経平均株価の上昇率(3%)を上回る。アップルのスマホ販売が好調なだけでない。米中貿易摩擦によるプラス面にも機関投資家らの注目が集まり、見直し買いが広がっている。

セラミックコンデンサーを手がける太陽誘電株は8月末から勢いづいた。10月1日に約5カ月ぶりに年初来高値(2745...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン