/

この記事は会員限定です

「投資家CEO」は悪者か 市場目線で稼ぐ力鍛えろ

本社コメンテーター 梶原誠

[有料会員限定]

関西電力の不祥事で落胆した投資家は多いはずだ。「日本企業はまだ昭和を引きずっている」と。

多額の金品を受け取り、悪習を改めることなく踏襲していく――経済が右肩上がりなので、改革しなくても成長できた時代。そんな「事なかれ主義」の暗部が露呈し、経営も一気に不透明になった。

この件は、日本株の相場が独歩安を続けている原因の象徴といえる。「日本企業は本当に変わるのか」。こんな疑念がグローバル投資家の間でくすぶって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1954文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

梶原 誠

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン