女子刑務所、受刑者の介助負担増す 高齢化で認知症も

ドキュメント日本
2019/10/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

職員に付き添われて歩く高齢者、ずらりと並んだ手押し車――。女子刑務所の福祉施設化が進んでいる。65歳以上の入所受刑者の割合は男性の約2倍。移動や入浴に介助を必要とする受刑者が目立ち、認知症のリハビリも行われる。高齢化に対応しながら、出所後の支援にも取り組む岐阜県笠松町の笠松刑務所を訪ねた。(松浦奈美)

「今日が何日か、やっぱり忘れてる。情けないね」「引き算は嫌いなのよ」。全国に11ある女子刑務所…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]