/

この記事は会員限定です

役員への賠償、企業が補償 会社法改正案に明記へ

[有料会員限定]

法務省が臨時国会に提出する会社法改正案の骨子がわかった。企業の役員が業務上の賠償責任を負った際に、弁護士費用や賠償金をその企業が補償できると明文化する。企業と役員が契約を結び、取締役会か株主総会で決議する。いまもこうした手法で補償をする企業があるが法律の規定はない。役員個人の負担軽減を法律で裏付け、積極的な経営を後押しする。

近年はコーポレートガバナンス(企業統治)の強化や、訴訟手数料の引き下げで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン