EIZO、初の有機ELモニター発売

2019/10/4 17:42
保存
共有
印刷
その他

有機ELパネルを使った「FORIS NOVA」

有機ELパネルを使った「FORIS NOVA」

EIZOは11月1日、同社としては初めて有機ELパネルを使ったモニター「FORIS NOVA」を発売する。有機ELの画面は明暗の表現に優れ、4K・HDRに対応。高画質でリアルな映像を表示できる。台数は500台限定で、販売価格は35万円(税別)。国内の販売は同社の直販サイトを通じて販売する。

サイズは机に置きやすい21.6型で、書斎や寝室などでの利用を想定した。同社によると、市場の有機ELパネルを採用した商品は多くが55インチ以上と大型。担当者は「空間の限られた部屋でも、動画配信サービスや映画、ゲームなどを楽しめるよう設計した」という。

モニターは10.8ミリと薄く、画面の角度は見やすいよう11~30度の範囲で調整できる。外装は3色のグレーをあしらったアルミダイカストを使用。機能性やデザインが評価され、2019年度のグッドデザイン賞を受賞した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]