/

この記事は会員限定です

商業捕鯨船、下関に帰港 「新クジラ」11月から発売

[有料会員限定]

31年ぶりの商業捕鯨のため7月に出港した捕鯨母船「日新丸」が4日朝、山口県下関港に帰港した。日本の領海と排他的経済水域(EEZ)内で操業し、捕獲枠の上限までほぼ計画通りにとり終えた。鯨肉は下関に水揚げされ、来月から全国で販売する。「資源は豊富にあると再確認した」と捕鯨を行う共同船舶(東京・中央)の森英司社長は話す。

7月1日に出港した捕鯨船団は、4日から捕獲を開始した。「クジラをとる海域も、鯨種も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン