/

この記事は会員限定です

国税庁、輸出促進室を新設 日本酒などの海外展開支援

[有料会員限定]

国税庁は2020年度に「輸出促進室」を新設し、日本酒や国産ワインの海外展開を加速する。19人の職員が専任となり、日本貿易振興機構(ジェトロ)とも協力して国内外での販促活動を実施する。年間1兆円規模を輸出するフランス産ワインは同国政府が積極的に関わっており、日本も参考にする。

国税庁は20年度予算の概算要求に、国産酒類を支える事業費として前年度比10倍の25億円を盛り込んだ。輸出促進室が中心となり、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン