「おい!こらぁ」経済学者に怒声 西成再生は体当たり
学習院大教授・鈴木亘さん(4)

2019/10/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

闘う経済学者、学習院大学の鈴木亘教授の半生をたどる連載。4回目は日本の最貧地域、大阪・西成で取りまとめたまちづくり計画についてだ。

◇   ◇   ◇

2009年、38歳で学習院大学の教授となり、国の規制改革委員などを歴任する。しかし11年に民主党政権になると、自民党政権を支えたイメージが嫌がられたのか「干された」。

研究は順調でした。社会保障を研究している経済学者なんてほとんどいませんから、原野…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]