「社会変えるには経済学」 闘う学者、原点は高校時代
学習院大教授・鈴木亘さん(2)

2019/10/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

闘う経済学者、学習院大学の鈴木亘教授の半生をたどる連載。2回目は経済学を志した理由、そして就職先である日本銀行について語ってもらった。

◇   ◇   ◇

 高校生のころ、手に取った経済雑誌で上智大学の岩田規久男教授(当時)の記事を読み、経済を学ぶことを決意する。

貧しい借家人を守るための法律が、結果的に借家人を苦しめていることを説明した内容でした。「これだ!」。ビーンと来ました。

世の中の問題を解…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]