搭乗ゲートへ乗って移動 Doogが自動ロボ

2019/10/6 18:00
保存
共有
印刷
その他

筑波大学発スタートアップ企業のDoog(ドーグ、茨城県つくば市)は自動走行する搭乗型ロボットの事業に参入した。空港で使う「ガルー」は乗客が1人ずつ乗って、3台が追従走行しながら搭乗ゲートや入国審査に移動していく。スタッフが所持するスマートフォンで簡単に操作が可能だ。シンガポールの子会社が今夏、アジアの空港関係事業者に数十台を販売した。今後、国内外の空港への導入を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]