西成変えた「闘う経済学者」 ホームレスの研究が結実
学習院大教授・鈴木亘さん(1)

2019/10/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本銀行出身の経済学者と聞けばお堅いイメージが浮かぶだろうか。学習院大学の鈴木亘教授(49)は違う。大阪・西成などの貧困地域に乗り込みホームレスと話し合う。保育園探しに苦労した経験をもとに待機児童の解消に奔走する。役人とのバトルもいとわない「闘う経済学者」である。

◇   ◇   ◇

1998年、私はそれまで勤めていた日銀を辞め、大阪大学の大学院に通っていました。バブルが崩壊し、街にホームレスがあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]