東洋インキSCHD、廃プラをクリアに 新素材開発

日経産業新聞
2019/10/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東洋インキSCホールディングス(HD)は使用済みプラスチックから着色を除く技術を開発した。インキや接着剤を分離し、透明な再生プラとして転用できる素材に戻す。モノからモノへ再利用する「マテリアルリサイクル」を実現する。水処理世界大手の仏ヴェオリア系の企業と手を組み、川上から川下まで一貫して製品開発する新たな流れをつくりだす。

日用品、食品の詰め替えパウチといったプラスチック容器は、包装用フィルム、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]