/

この記事は会員限定です

東洋インキSCHD、廃プラをクリアに 新素材開発

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

東洋インキSCホールディングス(HD)は使用済みプラスチックから着色を除く技術を開発した。インキや接着剤を分離し、透明な再生プラとして転用できる素材に戻す。モノからモノへ再利用する「マテリアルリサイクル」を実現する。水処理世界大手の仏ヴェオリア系の企業と手を組み、川上から川下まで一貫して製品開発する新たな流れをつくりだす。

日用品、食品の詰め替えパウチといったプラスチック容器は、包装用フィルム、印刷インキや接着剤など複層構造に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1821文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン