日経商品指数17種

(1970年平均=100)
12月6日 145.404 -0.313

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

商品ニュース

銅、1カ月ぶり安値 米国の指標悪化で

2019/10/4 16:53
保存
共有
印刷
その他

世界景気との連動性が高い銅の国際相場が1カ月ぶりの安値をつけた。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物価格は3日に1トン5662ドルと直近高値をつけた9月13日から5%安い。米国の経済指標の悪化で世界景気の減速懸念が高まり、売られた。日本時間4日夕時点では5620ドル前後で推移している。

景気後退観測で銅が売られた(電解銅の生産工程)

米サプライマネジメント協会(ISM)が1日発表した9月の製造業景況感指数は47.8。2カ月連続で好不況の境目となる50を下回り、10年3カ月ぶりの低水準となった。同協会が3日に発表した非製造業景況感指数も市場の予想を下回る下落となった。比較的堅調とされていた米国経済の減速懸念が強まり、世界景気のさらなる悪化が意識された。

「銅は実需の先行き不安が強い。軟調な相場が続く」(住友商事グローバルリサーチの本間隆行経済部長)との見方が優勢だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム