世界最大1600万台連合、日本発でGAFAに対抗
トヨタの未来 第10部 深まるアライアンス(1)

自動車・機械
中部
2019/10/7 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車が提携戦略を加速している。次世代の移動サービスや自動車関連技術での主導権を狙い、巨大IT(情報技術)の「GAFA」が莫大な資金を研究開発に注ぎ、中国勢も虎視眈々(たんたん)と出方をうかがう。危機感を深めるトヨタはこの2年間で競合のマツダ、スズキとの相互出資を決め、SUBARU(スバル)との資本提携も深めた。競争の規模や質が急変する中、トヨタは従来にない動きを強めている。

「自動走行な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]