東京ムーブメント

フォローする

五輪サイバー対策、詰め急ぐ 実践演習で人材育成

Tokyo2020
2019/10/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、大会期間中に増加が見込まれるサイバー攻撃への対策が進む。情報通信研究機構は大会で使うシステムの運用担当者の教育を急ぐ。発電所や交通機関など重要インフラを守るため、産学官連携で攻撃検知などの研究開発も進む。五輪まで1年を切り、ハードと人材のそれぞれで対策を急いでいる。

「それでは演習を始めて下さい」。7月中旬、情通機構が東京都内で開いたサイバーセキュリティー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
新国立競技場(9月)=共同共同

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場の建設工事が終わり、整備費は計1569億円で固まった。3千億円超とも試算された旧計画の撤回を経て、費用の上限と限られた工期をクリアした …続き (11/19)

 森ビル系のシンクタンク、森記念財団都市戦略研究所(東京・港)が19日発表した「世界の都市総合力ランキング2019」で、東京は3位だった。ロンドン、ニューヨークに続く3位は4年連続。東京五輪・パラリン …続き (11/19)

 仙台市は19日、2020年の東京オリンピックでイタリアのソフトボール代表の事前合宿を受け入れると発表した。期間は20年7月中旬の約1週間で、選手とスタッフ合わせて30人程度となる見通し。仙台市民球場 …続き (11/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]