プラスチックとの付き合い方 三浦啓一氏
経団連廃棄物・リサイクル部会長代行

私見卓見
2019/10/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海洋プラスチック問題に端を発し、プラスチックの資源循環に対する国内外の関心が高まっている。日本では政府や自治体、事業者、NPO、分別に協力する消費者らの努力により循環型社会づくりを進めてきた。例えばペットボトルは10年間で約2割軽量化され、リサイクル率は約85%にのぼっている。

国連で2015年に採択されたSDGs(持続可能な開発目標)のゴールのひとつである「持続可能な生産消費形態の確保(つくる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]