/

この記事は会員限定です

がん免疫薬効果、予測精度高く 血中物質で99%識別も

[有料会員限定]

体に備わる免疫の仕組みを利用するがん免疫薬について、効果を事前に予測する技術が実用化に近づいている。東京慈恵会医科大学などは99%の精度で識別できる技術を開発した。川崎医科大学や名古屋大学などはそれぞれ2~3種類のがん免疫薬の効果を予測する目印を見つけた。無駄な投与が減れば、副作用だけでなく医療費の抑制にもつながる。

がん免疫薬は2018年にノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑・京都大学特別教授...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1476文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン