空飛ぶクルマ開発、日本スタートアップが進む2本の道

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

垂直に離着陸して空中を移動する「空飛ぶクルマ」の開発が熱を帯びてきた。欧州エアバスや米ウーバーテクノロジーズなど世界各国の企業が実用化を競うが、大手だけが主役ではない。日本ではスタートアップ企業が開発で先行し、先頭集団を形づくる3社の戦略は大きく2コースに分かれる。それぞれが思い描く「航路」を追った。

JR名古屋駅から東に電車で約30分。幹線道路に近いマンションが立ち並ぶ一角を訪れると、大型倉庫…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]