/

この記事は会員限定です

スマホ競争に敗れたブラックベリー、復活の「転身術」

[有料会員限定]
日経クロステック

小さなフルキーボードを搭載したスマートフォンで一世を風靡した「BlackBerry(ブラックベリー)」。開発・販売していたカナダのブラックベリー(旧リサーチ・イン・モーション)は2010年度に約200億ドル(約2兆1500億円)近い売上高を記録したものの、米アップルの「iPhone」や米グーグルの「Android(アンドロイド)」の台頭で市場シェアを失い業績が急降下。16年に端末の販売から撤退した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3588文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン