スマホ競争に敗れたブラックベリー、復活の「転身術」

2019/10/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小さなフルキーボードを搭載したスマートフォンで一世を風靡した「BlackBerry(ブラックベリー)」。開発・販売していたカナダのブラックベリー(旧リサーチ・イン・モーション)は2010年度に約200億ドル(約2兆1500億円)近い売上高を記録したものの、米アップルの「iPhone」や米グーグルの「Android(アンドロイド)」の台頭で市場シェアを失い業績が急降下。16年に端末の販売から撤退し…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]