第11回日経小説大賞の最終候補作決まる

文化往来
2019/10/5 2:00
保存
共有
印刷
その他

第11回日経小説大賞(日本経済新聞社・日本経済新聞出版社共催)の最終候補作が決まった。作者、作品名は以下の通り。

▽織部ルビ「福島の時間」、夏山かほる「新・紫式部日記」、放生充「カーニバル社員」、湊ナオ「東京普請日和」、村上卓郎「秘策あり 加藤清正外伝」=筆名五十音順。

選考委員は辻原登、高樹のぶ子、伊集院静の3氏。選考結果は12月に本紙朝刊で発表する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]