ノーベル生理学・医学賞、7日発表 京大・森氏らが候補

テクノロジー
2019/10/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年のノーベル賞の発表が7日の生理学・医学賞を皮切りに始まる。物理学、化学を含めた自然科学3賞では、18年の生理学・医学賞を受賞した本庶佑京都大学特別教授に続いて2年連続受賞があるか、期待が高まる。

生理学・医学賞はスウェーデンのカロリンスカ研究所が日本時間の午後6時半に発表する。

有力な候補者と注目されるのが森和俊京大教授だ。細胞内の「小胞体」と呼ばれる器官が、異常なたんぱく質を分解し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]