最適オフィスをAIが提案 不動産テックのエスティ

2019/10/4 15:39
保存
共有
印刷
その他

不動産テックのスタートアップ企業、estie(エスティ、東京・文京)は人工知能(AI)を活用して企業のオフィス探しを助けるサービスを始めた。予算や駅からの距離など希望の条件を入力すると、公開されている募集情報の中からお薦めの物件をAIが提案する。

駅からの距離など希望条件を入力すると、お薦めの物件をAIが提案する

AIによる物件提案機能「e-MAP」は地図上に物件の一覧を配置し、直感的な操作でオフィスを比較できる。どのような物件が募集されているかを定期的にみることで簡単にオフィスを探すことが可能になり、不動産会社に個別にメールや電話で問い合わせる手間が省ける。

物件を管理している大手オフィス仲介会社と連携しており、システム内のチャットで内覧日の調整や必要書類をやり取りすることが可能だ。「最大手のオフィス仲介会社の過半が参画しており、市場に流通しているほとんどの情報をカバーできる」(同社)という。

オフィスを探す企業は無料でサービスを利用できる。移転が決まると仲介手数料の一部をエスティが受け取る。平井瑛社長は「今後1年間で1000件のオフィス移転を支援したい」と話している。

(鈴木健二朗)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]