/

この記事は会員限定です

宮城の「下町ロケット」 光の威力に翻意

放射光が拓く未来(2)

[有料会員限定]

小惑星探査機「はやぶさ2」が7月、世界で初めて小惑星の地中にある砂や石の採取に成功した。採取した物質を収める容器の開発には従業員約60人の町工場、ティ・ディ・シー(宮城県利府町)も参画している。

砂や石が容器内で削れないように、容器内部の表面を摩擦が起こりにくくするためツルツルに磨く。その研磨技術は世界的にも有名で、取引先は海外にも広がっている。

そんな宮城の「下町ロケット」はいま、兵庫県佐用町の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン