/

NHKと日本郵政副社長の主張対立 「暴力団」発言巡り

NHKの報道を巡って昨年、日本郵政グループが再三抗議した問題で、野党が4日、国会内で2回目の合同ヒアリングを開いた。NHKの取材手法を「暴力団と一緒」と発言した日本郵政の鈴木康雄上級副社長(元総務事務次官)と、NHK側の主張が対立した。

鈴木氏は3日のヒアリング後、記者団に、NHK側から昨年「取材を受けてくれるなら(情報提供を呼び掛ける)動画を消す」と言われたとし、その手法を批判した。

NHKの木田幸紀放送総局長は4日のヒアリングで「丁寧に取材交渉をしていたと認識している。改めて確認したがそのような事実はない」と否定した。しかし鈴木氏は「(昨年)7月30日にディレクターが来て(郵政側広報担当者に)はっきり言った」と述べ、言い分は平行線だった。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン